シェルモンテ(EXタイプ) ご利用規約

ウォーターポイント株式会社(以下、「本部」といいます)は、シェルモンテ(以下、「本商品」といいます)をお客様に販売する「シェルモンテ」飲料水システムを運営しています。「シェルモンテ」飲料水サービスご利用規約(以下、「本規約」といいます)は、本部又は販売代理店との間で「シェルモンテ」飲料水システムによる飲料水サービス(以下、「本サービス」といいます)利用契約を締結されたお客様に適用されます。

第1条(ルールの作成)

1. お客様は、本サービスのお申込時に、本部が定めたフォーマットに従い、以下の各項目について届け出ていただきます(以下、届け出ていただいた各項目を総称して「ルール」といいます)。

・ご氏名、ご住所、ご連絡先

・本商品及びウォーターサーバー(「冷温水サーバー」、「ウォーターラック」をいいます)の種類

・本商品のお届け先、お届け日時
・ご利用料金のお支払方法
2. 本商品は、お客様が使用済み空ボトルを店舗に設置してある回収ボックスにご返却いただき、新しい本商品を店頭で購入して頂くことをルールとしています。販促物、ボトル回収ボックスに明記されている「シェルモンテEX」のEXとはEXCHANGE(交換)の略語です。
第2条 (本サービスの開始)

ご利用契約は、お客様が本規約に同意・申し込みをされ、本部にて登録を完了したときに成立するものとし、本サービスも当該時点から開始するものとします。

第3条(届出事項の変更)

1. お客様がルールの変更を希望する場合は、本部所定のフォーマットに従い、下記のお客様サービスセンターまでご連絡ください。

   【ウォーターポイントお客様サービスセンター】
   電話番号 0120-50-2866(9:00-17:00 土日・祝祭日・盆・年末年始を除く)

2. 本部ならびに販売代理店に届け出ていただいたお客様のご氏名・ご住所等のルールに変更が生じた場合、お客様は前項の方法により速やかにウォーターポイントお客様サービスセンターならびに販売代理店宛に変更事項を届け出るものとします。

3. 前各項によるルールにおける各項目の変更の効力が生じる時期は、お客様により変更の手続がなされ、本部がそれを確認し、ルールの変更登録を完了した時とします。

4. 本条第2項の届出がないために、本部並びに販売代理店からの通知または送付書類その他のものが延着又は不着となった場合には、通常到着すべき時にお客様に到着したものとみなします。但し、やむを得ない事情がある場合を除きます。

第4条(返品または交換)
1. お客様は、以下の各号のいずれかに該当する場合を除き、商品の返品を行い、または交換を請求することはできません。
(1)商品に、破損等の瑕疵がある場合
(2)その他、本部が相当と判断する場合

2. 前項の返品または交換は、商品購入後8日以内にウォーターポイントお客様サービスセンターにご連絡ください。

3. お客様は、本条第1項及び第2項の返品又は交換に関し、本部が指定する方法に従うものとします。なお、当社に責のある場合を除き、送料はお客様が負担するものとします。

第5条(本サービスのご利用料金及びその支払い等)

1. 本サービスのサービス提供が可能なエリアは、広島市内・近郊(佐伯区、廿日市市、己斐・庚午・草津、中区、観音・横川、東区、安芸区、安芸郡、海田・矢野、安佐南区、安佐北区)とします。また、本サービスのうち一部商品については、サービス提供が可能なエリアを一部地域に限ることがあります。離島等の一部地域において本サービスは提供できません。

2. お客様は、ご利用契約の申込書記載のご利用料金、又は申込時にWEBサイト上の本商品に係るページに表示されたご利用料金を本部に支払うものとします。

3. お客様は、冷温水サーバーのレンタル料として1台あたり1ヶ月につき、ノーマルサーバー600円(税別)・デザインサーバー700円(税別)、冷温水サーバーのメンテナンス料として1年につき3,000円(税別)を、本部に支払うものとします。但し、本部または販売代理店と別段の合意をした場合にはご負担いただかないか、料金が割引になる場合があります。

4. お客様は、本条第2項のご利用料金をクレジットカード決済(クレジットカード会社が指定する締日及び決済日により支払う方法)により、ご利用料金をお支払いいただきます。但し、本部または販売代理店によりご利用料金のお支払い方法について、上記のいずれかに限定することがあります。

5. ご利用料金のクレジットカードによる決済のお支払期限はクレジットカード会社が指定する締日に係る決済日とします。

6. ご利用料金のお支払いに付随して、本部は複数の収納代行会社と提携しております。

7. 本条第5項に定める各支払期限が過ぎてもご利用料金をお支払いいただけない場合、お客様は、ウォーターサーバーに係るご利用料金及び当該時点において本部が負担している費用につき、支払期日の翌日から年14.6パーセントの割合による遅延損害金をお支払いいただきます。

8. お客様のご都合により、ウォーターサーバーの受取を拒否された場合(長期不在で受取できない場合を含みます。) は、1配送あたり事務手数料として1, 000円 (税別) をお支払いいただきます。

9. お客様は、サービスご利用開始から1年未満でご契約を終了されたときは、冷温水サーバーの場合、引取手数料として5,000円(税別)、ウォーターラックの場合は引取手数料として1,000円(税別)をお支払いいただきます。

10. お客様の都合により、冷温水サーバーを交換の場合は交換手数料(メンテナンス料含む)として5,000円(税別)、サービスご利用開始から一年未満にお客様がウォーターサーバーの入替を希望するときは、冷温水サーバーに入替の場合、入替手数料(メンテナンス料含む)として5,000円(税別)を、ウォーターラックに入替の場合は入替手数料(メンテナンス料含む)として1,000円(税別)をお支払いただきます。

11. 前項の支払いが期限までに確認できなかった場合、その都度文書等で催促することがあります。

12. 本条第8項の本商品の受取拒否があった場合において、お客様が本サービスの継続利用を希望し、本部がこれを認めた場合であっても、お客様のご利用料金の決済方法が代金引換であるときには、当該料金の支払を別途本部の指定する決済方法に変更させていただきます。

第6条(お客様の遵守事項)
1. お客様は本サービスのご利用にあたり、以下の各事項を遵守しなければならないものとします。
(1)本商品を消費期限内に消費すること。
(2)ウォーターサーバーを付属の説明書及びマニュアルに従って取り扱うこと。
(3)ウォーターサーバーに他社の水ボトルを接続しないこと。

(4)貸与しているウォーターサーバーの所有権は本部に帰属するものとし、第三者に対し、ウォーターサーバーの譲渡・担保設定・貸与を行わないこと。

(5)本項各号に定める事由のほか本部が指定した禁止行為をしないこと。
第7条(本サービスの申出解約・強制解約)

■申出解約:お客様が本サービスご利用契約の解約を本部へ通知し、当該契約の解約を行うことを「申出解約」と呼びます。「申出解約」の場合にはお客様が返却を希望されたウォーターサーバー返却希望日を「解約日」と呼びます。

■強制解約:お客様が本条第2項各号のいずれかに該当し、本部が強制的に本サービス利用契約の解除を行うことを「強制解約」と呼びます。「強制解約」の場合には、本条第2項各号記載の事由が発生したと、本部が合理的な理由により認めた日を「解約日」と呼びます。



「申出解約」及び「強制解約」について

1. お客様が本サービスの「申出解約」を希望する時は、本部に対し、第3条第1項所定のウォーターポイントお客様サービスセンターまでご連絡ください。当月分にかかるご利用料金その他の費用をお支払いいただきます。。


2. お客様が次のいずれかの事由に該当した場合、本部又は販売代理店は、何らの通知・催告等をせずに、「強制解約」を行うことができます。

(1) お客様がご利用契約の申込に際し、ご氏名、ご住所等、お客様の特定、信用状況の判断に係る事実について虚偽の申告をした場合。

(2) ご利用料金等のお支払を遅延した場合。
(3) お客様が明示的又は黙示的を問わずウォーターサーバーの受取りを拒否した場合
(4) お客様が、第5条第4項の規定に反し、代金の支払方法の変更に応じられなかった場合
(5) お客様の信用状態が悪化したと客観的に認められる場合。
(6) 本部及び販売代理店の名誉を毀損し、その他の権利を害した場合。
(7) 他のお客様の迷惑となる行為があった場合。
(8) 本規約上の義務に違反し、信頼関係を著しく破壊した場合。

(9) お客様が、暴力団、暴力団構成員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、特殊知能暴力集団、社会運動等標ぼうゴロ、その他これらに類する者(以下「反社会的勢力」という)である場合

(10) 本部又は販売代理店に対し、詐術、暴力的行為、または脅迫的言辞を用いるなどした場合
(11) 第6条各号の定める遵守事項のいずれかに違反した場合
(12) 前号の規定のほか、ご利用契約又は本規約上の義務に違反した場合

(13) 第9条第1項各号の事由が生じ、これにより本部又は販売代理店が本サービスの提供ができない状態となり、その解消の見込みがない場合

(14) 本項各号に準じる事情により、本契約を継続しがたい相当の事情があると認められた場合
第8条(ご利用契約の終了)

1. ご利用契約が終了した場合、終了の事由を問わず、お客様は、本サービスご利用期間中に生じた本部に対する残債務(第5条第7項の規定により遅延損害金が生じている場合には、遅延損害金も含みます)をご利用契約終了後、直ちに全額をお支払いいただきます。

2. ご利用契約が終了した場合、終了の事由を問わず、お客様には、本部の定めるところに従い、速やかにお客様に貸与しているウォーターサーバーを返還していただきます。「解約日」より30日以内に、本部においてウォーターサーバーの返却が確認されない場合には、冷温水サーバー1台あたり30,000円(税別)、ウォーターラック1台あたり1,900円(税別)をお支払いただきます。

3.「申出解約」又は「強制解約」となった場合、お客様は、本規約に基づく一切の債務について期限の利益を失い、直ちに債務の全額を支払うものとします。

4. 第6条(お客様の遵守事項)、本条(ご利用契約の終了)第1項、第2項、第3項ないし第4項、第9条(本部の責任の範囲及び制限等)、第11条(個人情報の取扱い)、第13条(規約の変更・承認)、第14条(準拠法)、第15条(誠実協議義務)並びに第16条(裁判管轄)の規定は、本部とお客様の間のご利用契約が終了した場合であっても、ご利用契約の終了前と同様、本部とお客様との間でその効力が存続するものとします。

第9条(本部の責任の範囲及び制限等)

1. 本部が本サービスを提供できなかったことが、以下のいずれかの事情によるときは、本部は、お客様に対し、本サービスの履行責任及び損害賠償責任を免れます。

(1)お客様又は第三者の責めに帰する事情により生じた場合
(2)天災・地変その他の不可抗力に起因する場合
(3)予測困難な経済事情の著しい変動があった場合
(4)悪天候、交通事情等によりサービス履行遅延が生じた場合
(5)法令の制定、変更及び廃止並びに監督官庁等による行政指導のあった場合
(6)お客様が第6条第1項に定める遵守事項に反して本商品を利用し、又は本サービスを利用したことにより損害が生じた場合
(7)本サービスの提供が困難な重大な事由が生じ、又はお客様に損害が生じた場合

2. 前項の事情が解消される見込みがない場合は、本部及び販売代理店は、お客様へサービス提供を将来に向かって停止することができます。

3. 本部の責に帰する事情によって生じた債務不履行によりお客様に損害が生じた場合であっても、賠償すべき損害は、通常の事情から直接生じる損害に限られるものとし、予見可能性の有無を問わず、特別事情から生じる損害、逸失利益等は賠償の対象外とします。

第10条(損害賠償)

1. お客様が第6条所定の遵守事項に反して本サービスを利用したことにより生じた損害については、本部及び販売代理店は、いかなる責任も負わないものとします。

2. お客様が第6条所定の遵守事項に反してウォーターサーバーを使用することによりウォーターサーバーを破損又は滅失あるいは故障した場合、又は、お客様の責めに帰すべき事由によりウォーターサーバーが破損又は滅失あるいは故障した場合には、時価相当分(冷温水サーバー1台あたり30,000円(税別)、ウォーターラック1台あたり1,900円(税別)の弁済をしていただくことがあります。また、お客様の責めに帰すべき事由により再使用ボトルが破損又は滅失した場合には、実費を弁済していただくことがあります。

第11条(個人情報の取扱い)

1.本部及び販売代理店は、以下の目的のためお客様(法人のお客様の場合は、その組織に帰属する個人)の個人情報を取得し利用することがあります。

・本部及び販売代理店の商品・サービス等のお届け、代金の請求・決済或いはお問い合わせへの対応、緊急時のご連絡、又はご契約の維持・管理

・本部及び販売代理店の商品やサービス、各種キャンペーン等のご案内
・本部及び販売代理店の商品やサービスのマーケティング、販売促進
・本部及び販売代理店の商品やサービスに関するお問い合わせに対する対応
・本部に対する個人情報の問い合わせに対する対応
・本部が取り扱うその他のお得な商品等のご案内

2.本部及び販売代理店は、個人情報を第三者に提供することはありません。ただし、商品・サービスのご提供(配送)、及び利用料金の決済のために外部の業者に一部業務を委託することがあります。

3.本部及び販売代理店は、次のいずれかの場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。

,緩椰佑瞭碓佞ある場合。
△客様が希望される商品・サービスを提供する際に、本部又は販売代理店が業務委託先に必要な範囲 で開示する場合。
K椒機璽咼考用契約の契約上の地位を他の販売代理店に移転する場合。
ぞι福Ε機璽咼垢陵用料金の決済のために業務を委託した外部の業者を変更する場合。
ニ[瓩亡陲鼎提供することが必要である場合。

4.本部及び販売代理店は前項第3号、第4号の移転及び変更が生じる場合、事前にお客様へ通知致します。お客様に対して通知が送達された後、7日以内にお客様からの異議が確認されない場合、は、通知された内容に承認したものとみなします。

5.お客様御本人様の個人情報の開示、訂正、追加又は削除の御請求につきましては、ウォーターポイントお客様サービスセンターに御連絡ください。

6.商品・サービスのお申込に関してお客様から個人情報を提供いただけない場合は、商品・サービスの提供が困難になることがあります。また、各種キャンペーン等への参加の特典を受けられないことがあります。

7.本部Webサイトのアクセス情報を集計するため、お客様が本部Webサイトに訪問される際、本部ではCookieやWebビーコンを使用してアクセスログを収集しています。また今後、その他のインターネット特有のテクノロジーを使用することがあります。但し、本人を明確に特定できるような情報は収集しません。
(Cookieとは、お客様に関する情報や最後にサイトを訪れた日時、そのサイトの訪問回数などを記録しておくために用いる技術です。)
(Webビーコンとは、Webサイトに埋め込まれた情報収集用の極めて小さい画像のことです。お客様のアクセス動向などを収集するために用いることがあります。)

8.本条の定めの他に、本部及び販売代理店は、お客様の個人情報を、法令及び各種ガイドラインに従って適正に管理します。

第12条(本サービスのご利用契約の移転)

1. 本部又は販売代理店は、本サービスのご利用契約の契約上の地位を、他の販売代理店に対して移転する場合があります。

2. 契約上の地位が移転しても、本サービスの提供は従来通り本部から提供しますので、お客様は、何ら変わることなく、本サービスの提供を受けられます。

3. 本条第1項の場合、契約上の地位を移転する本部又は販売代理店は、移転した販売代理店名をお客様に通知致しますので、移転を希望されないお客様は、ウォーターポイントお客様サービスセンターまでご連絡ください。ご連絡をいただいたお客様のご契約の契約先は従前の本部又は販売代理店とし、契約先の移転はないものとして取り扱います。本部又は販売代理店が、上記通知書を送付してから後7日以内にご連絡がない場合は、契約上の地位の移転についてご承諾いただいたものとします。

第13条(規約の変更・承認)

1. 本部は、いつでも、本規約を変更することができます。

2. お客様に対して本規約変更の通知が送達された後、お客様が通常通り本サービスを利用したときは、お客様は、変更事項または新規約を承認したものとみなします。

第14条(準拠法)

本規約は、日本法を準拠法とし、日本法に従い、解釈されるものとします。

第15条(誠実協議義務)

本部とお客様との間のご利用契約及び本規約に関連する事項について疑義が生じた場合には、相互に誠実に協議を行い、これを解決するものとします。

第16条(裁判管轄)

前条の規定に関わらず本部とお客様との間のご利用契約及び本規約に関して争いが生じた場合には、東京地方裁判所のみをもって第一審専属的合意管轄裁判所とします。

 

平成28年8月吉日制定
 


[閉じる]